解決事例(提示金約310万円→最終約530万円)

2017-12-13

Aさん(70代、女性)は、自転車を運転中、右折車両に巻き込まれ、大腿骨骨折等の大けがを負われました。約5か月間の入院と約1年半の通院の結果、後遺障害13級が認定されました。

損害保険会社からの提示金は、約310万円でしたが、Aさんはこの金額が適正なのかわからず、当職に相談されました。

当職が交渉に入り、弁護士基準に引き直して請求したところ、相手方からは最終的に約530万円を打診されました。

Aさんと協議の結果、過失相殺も踏まえ、上記金額にて示談解決となりました。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 石田法律事務所 All Rights Reserved.