物的損害、諸費用0円から約6万円へ増額

2014-11-11

Jさんは、車両の全損事故で、こちらの過失は0でしたが、損保からの提示金は時価額のみでした。

当方は、消費税等の買替え諸費用の見積書と裁判例を示し、最終的には当方の主張する全損害(約6万円程度)の賠償額を得ることができました。

弁護士費用特約にご加入されておられたので、相談者の持ち出しは0円でした。

このように、損保会社は、こちらが何も言わなければ最低限度の損害金しか保障してくれず、今回の事例とは異なりますが、逆に、無茶な主張を繰り返すと弁護士が出てきて、既にに合意したはずの代車代金について返還を求めたり、過失割合の主張を変更することもあります。

ですので、早い段階で弁護士に相談することをオススメします。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 石田法律事務所 All Rights Reserved.