後遺障害等級について

後遺障害とは

後遺障害等級交通事故によって怪我などをした場合、通常は治療を継続すればその怪我は治癒して、痛みも無くなります。
ところが、事故の態様が重大であったり、打ち所が悪かったりすると、治療を継続してもなかなか治らない場合もあります。
このような怪我の場合、一定期間を経過すると、これ以上治療を継続しても良くならない状態が現れます。これを、「症状固定」と呼びます。
そして、この「症状固定」後にもなお障害が残っている場合、これを「後遺障害」と認定して一定の賠償金が支払われる仕組みがあります。

後遺障害等級

この後遺障害は、その後遺障害の重さに応じて、最も重い1級から最も軽い14級に分類されています。
そして、ご自身の後遺障害が何級に認定されるかは、「損害保険料率算出機構」による認定手続きを受けることになります。
この「損害保険料率算出機構」による認定手続きについては、自賠責保険による被害者請求(又は加害者請求)による場合と任意保険会社が行ってくれる事前認定手続きがあります。詳細は、後遺障害認定手続きの流れをご参照頂ければと思います。

なお、以下の通り、後遺障害の認定等級によって後遺障害慰謝料の金額が定まりますが、裁判基準、任意保険基準、自賠責基準により、その金額は大きく異なっております。

後遺障害慰謝料等級別 ~裁判・任意・自賠責保険比較表~

◆後遺障害慰謝料等級別◆ ~裁判・任意・自賠責保険比較表~ 

等級 裁判所の慰謝料(平均) 任意保険の慰謝料 自賠責保険の慰謝料
1級 2600~3000万円(2800) 1300万円 1100万円
2級 2200~2600万円(2370) 1120万円   958万円
3級 1800~2200万円(1990)   950万円   829万円
4級 1500~1800万円(1670)   800万円   712万円
5級 1300~1500万円(1400)   700万円   599万円
6級 1100~1300万円(1180)   600万円   498万円
7級   900~1100万円(1000)   500万円   409万円
8級   750~870万円(830)   400万円   324万円
9級   600~700万円(690)   300万円   245万円
10級   480~570万円(550)   200万円   187万円
11級   360~430万円(420)   150万円   135万円
12級   250~300万円(290)   100万円    93万円
13級   160~190万円(180)    60万円    57万円
14級     90~120万円(110)    40万円    32万円

 

後遺障害等級認定サポート

後遺障害の等級によって慰謝料の額(上記の通り)や逸失利益の額も大きく変動しますので、適正な損害賠償金を獲得するには、適正な後遺障害の等級認定が不可欠です。
当事務所では、主治医との面談、私的医療鑑定の実施など、後遺障害の等級認定手続きをサポートする仕組みもございますので、ご不安な点がございましたら、後遺障害の等級認定手続きを受ける前に、当事務所までご連絡いただければと思います。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 石田法律事務所 All Rights Reserved.